YouTubeを使った動画SEO対策

人気があるYouTubeなどのビデオコンテンツを配信する場合は、ユーザービリティに対しても注目する必要があります。掲載位置や表示サイズ・尺などが合わない場合は問題が起こる可能性があり、再生方法やナビゲーションなどにも配慮していきます。SEO対策から考えても画像やテキストと比べて、ビデオコンテンツは情報量が格段に多くなります。運営側の都合で一方的に配信される可能性もあるビデオコンテンツは、ユーザーに対して違和感を与えるケースもあるので慎重に行います。

プラットフォームに移動すれば途端に音声検索で動画が再生されることがあり、ユーザーの行動に関わりなく動画を見せられることになります。ページから離脱すると音声検索なども全て消去できるので、サイトから離脱する確率が高くなります。いきなり始まることが多いので、イメージ的にも強引でビデオをローディングするため表示速度が下がります。ユーザビリティとして就業時間に事務所などで、突然動画が再生されてしまう可能性もあり見ている側にとって都合が悪い時もあります。静かな環境で動き・音声などの激しいビデオは、違和感や嫌悪感を持っても、良いイメージにはなりません。

自動再生はトラフィックの原因となるので、静止画の一部だけが動くものを利用するのが推奨されます。品数が少ない売り場で購入率が高くなるという心理的な対策があり、多すぎる情報がユーザーを疲れさせたり惑わせる原因となります。サイトに動画を掲載する場合SEO対策の観点もありますが、テキストや画像を最小限にとどめて動画に集中できる環境づくりも大切です。最適化をしながら人気を得続けるには、動画を配信する場所を最も目につきやすい場所にします。
ユーザービリティははじめに目につきやすいポイントが効果的とされていますが、コンテンツと兼ね合いがあるケースもあるので、わかりやすい矢印などを使用しナビゲートしていきます。

プラットフォームは意図的に空けられているスペースにも、誘導効果がありトラフィックなどの動画を埋め込むタグが追加できます。レイアウトも調整しやすいため、Google検索で行われている最適化に関するリサーチを行います。YouTubeなどのメディアでGoogle検索で配信したケースでは、費用対効果が2倍以上高くなったという結果があります。ビデオの効果を高めるために、再生方法・ナビゲートの工夫を凝らし複数のメディアで配信を同時進行させることがポイントです。

関連記事
人気記事一覧