• ホーム
  • SEO施策にある構造化マークアップとは?

SEO施策にある構造化マークアップとは?

構造化マークアップはリッチスニペットを表示させるために行うことで、Googleの検索エンジンのガイドラインが対応している、リッチスニペットを選択する必要があります。構造化データテストツールのサンプルを見ながら値を変更していくことができ、その数値の選択肢がたくさんあるときはschema.orgのリファレンスを見ることで解決できます。

構造化データテストツールでチェックすることが基本ですが、検索エンジンでサイトに貼り付けることもあります。Googleが対応していない構造化データテストツールも導入されている可能性があり、それでは意味がないのでガイドラインを参照しておくことは基本です。検索結果でも使うことができる、構造化マークアップで汎用的に使えるものをまとめることができます。

この方法ではページのコンテンツをできる限り理解しようとするので、ページの構造化マークアップを含めて意味についての手がかりを探します。これを検索エンジンを使用することで、理解をする助けとなりページに関する情報を提供します。検索結果は、コンテンツを分類するための標準化されているデータ形式と位置付けられ、最適化されて見つけた構造化データを使用することができます。ページのコンテンツを理解することはもちろんのこと、ウェブサイトや一般的に言われている情報も収集します。

JSON-LDの構造化データのリッチスニペットは、ページの連絡先情報を表示する可能性も出てきます。この方法では構造化データによって最適化され、各要素がラベル付きで表示される枠組みになります。情報が最適化されるページで、マークアップを使用しながらコーディングすることも大切です。JSON-LDは構造化データを保持するだけではなく、あいているページを作成する必要がないというメリットがあります。

技術的なガイドラインや品質に関しては、一般的なガイドラインで閲覧することが可能です。検索結果で特別な意味を持っている構造化データが必要・推奨されることはとても大切になります。検索するために構造化データをschema.orgのボキャブラリで使用していきますが、検索結果の動作主義としてドキュメントではなく他の信頼できるものを選択肢とします。記載していない属性であったり、オブジェクトに関してはschema.orgで必要だと表示されていても検索結果に対しては必要ではありません。

関連記事
人気記事一覧