• ホーム
  • Googleのペナルティーには2種類ある

Googleのペナルティーには2種類ある

Googleのペナルティーでは手動ペナルティーと自動ペナルティーがあり、手動で行われる場合はSearchConsoleに違反箇所の通知が届きます。ウェブマスター向けガイドラインで自動ペナルティーはSearchConsoleへの通知がなく、確認方法がないという問題があります。自分で仮説を立てながら修正をして行く方法しかなく、手動ペナルティーのような再審査リクエストなどの手段もありません。自然にクローラーが巡回してきて、解決することを待つしか方法がないと言えます。

突然トラフィックが減った場合は、何が原因となっているのかを調べる必要があります。ドメイン名を検索してみることが近道ですが、トップページで上位表示されているのか確認していきます。それ以外の方法はサイトの名前で検索することもでき、トップページ以外にも階層ページが表示されるケースもあります。この場合は自動でのペナルティーを受けている可能性が高くなり、どのようにして対処するのかが鍵になります。

ペナルティー修正解除をする方法は、Fetch as Googleが自動的にガイドラインの違反を判別してペナルティーを課すことで、放置していても解除をされることはありません。ペナルティーはアルゴリズムでトップページから検索順位が一時的に落ちることもあり、インデックス削除のような手動ペナルティーよりも軽度のものとなります。

原因が定かではないので解除に時間がかかるという特徴もあり、Fetch as Googleのアルゴリズムでは常にアップデートされているので、タイミングが悪くペナルティーの対象となることもあります。自動ペナルティーは確実な確認方法が確立されているわけではなのですが、ある程度の例題があり推測することは可能です。ペンギンやパンダアップデートによって影響を受けている場合もあるので、確認をして使用しているアカウントでログインします。各アップデートでの違いをトラフィックの推移と照らし合わせて、グラフ化にし確認することができます。アップデートでトラフィックが落ちている場合は、その影響を受けている確率が高いと判断します。

自動ペナルティーの解除方法の違いは、パンダアップデートのタイミングで下がった場合はコンテンツの質を改善していきます。被リンクを見直すことで解除されるのですが、どのアップデートでも影響を受けていないということがあります。この場合は自動ペナルティーを受けていて、Googleが後悔しているウェブマスター向けガイドラインの項目を参考にします。

関連記事
人気記事一覧