共起語とSEOの関係とは?

共起語はSEO対策の時によく使われる単語ですが、キーワードと関連していてよく使われるキーワードのことを指しています。共起語を盛り込むことで、SEO効果があるとは言われますが実は長期的に考えるとデメリットが多いものとなっています。

検索意図を意識することで、ユーザーが何を知りたいかを考え配慮していきます。手間を省くために推奨される単語をGoogleが高い頻度で提案してくれる機能がついており、この検索ワードはサジェストワードと呼ばれています。関連するものを検索した人の検索意図を汲み取り、食べ方やレシピなどを知りたがっていることもわかります。様々な配慮をすることで、検索しているキーワードとの関連性を見出します。

記事の品質チェックを高く評価することが基準の一つになっていますが、共起語を上位表示させることと同じ使い方をするというアイデアもあります。最近の頻度ではGoogleの検索機能も向上しており、それ以前はあまり効果を期待できませんでした。最近ははっきりとした効果がなくなってきていることも、デメリットの方が多くなる可能性も見込んで対策をしない方が良いと言われています。

検索順位が下がることもありますし、アルゴリズムの変化に対応しづらくマーケティング力が鈍ります。無理にキーワードを詰め込んでしまうと、順位が下がるだけではなく本当に効果が薄れる可能性があります。リライトしながらキーワードを入れると、順位が下落しそれを戻すと復活するという流れになります。記事が逆に読みにくくなることや、何を書きたいのか不明瞭になることなど、内容がぼやけたものになるので、ユーザーに優しくない記事が出来上がります。最後まで読まれるような質が高い記事を盛り込み、行法が多いだけの説明書で読んでいて眠たくなるような記事は避けます。

短期的に効果が出せたとしてもアルゴリズムがアップデートされることにより、対策がすべて水の泡になるという結果が出ます。アルゴリズムとは、アップデートをするたびにユーザーに対して良い記事を上位表示するようにすることです。ユーザーにとって読みやすい記事で、信頼できるもので共起語をプラスするだけでは良い記事になり得ません。
長期的に考えるとキーワードを盛り込むことが役に立たないことに気がつき、質の高い記事を検索した読者が良いと思えるものです。読者が知りたがっていることを書くことが一番で、たやすくツールに頼ってキーワードだけを入れる作業はメリットがないといえます。

関連記事