• ホーム
  • 低品質なリンクを受けていたら否認をしよう

低品質なリンクを受けていたら否認をしよう

インターネットのアイコンとカーソル

リンクの否認はサイトについている低品質とされるリンクを取り除いて行く作業のことで、Googleが提供しているリンク被リンクツールなどを利用して作業を行えます。ダッシュボードなどで持っているサイトからリンクを設置しているとき、削除をすることも可能ですが外部からのリンクであれば設置しているケースもあります。この方法では連絡が取れないという場面もあり、実際にリンクを削除することが難しいという場合が多いです。
このような時にリンクを取り除くという意味合いの、リンクの否認を行うことで指定している質の低いリンクを評価しないで欲しいということを間接的に伝えることができます。

ダッシュボードでサイトについているSearchConsoleは、SEO会社に頼んだことがあるものや、直接アンカーテキストとして使用していたもの、相互的なものやスパムなどが挙げられます。このような方法を実行することでペンギンアップデートなどを代表するアルゴリズムの変動を受けやすくなるということもあり、順位下落の影響を高めることができます。

質の低いリンクを見つけるためにはSearchConsoleに一覧を確認できる項目を利用して、どのようなものがついているのかを確認しておくことが大切です。リンクの否認をすることでサイト全体で評価が高まることもありますし、影響されて順位上昇の可能性も上がります。SEO対策として一度全てのスパムを精査し、低品質なものの順位上昇を妨げると判断しリンクの否認をしています。

Googleで低品質なものを探しリスクがあるものを減らすことも重要ですが、実際に評価されているものを否認してしまう可能性もあり逆効果となるケースもあります。精査は慎重に行うことが大切で、良質なものの割合を全体的に増やすことで質をさらに高めることが目的です。SEO対策により大変重要な位置付けになりますが、その数はたくさんあれば良いというわけではありません。現実的にも質が重要視されサイトを運営・管理して行く上で色々なところから増えていきます。

この数は管理をしている期間が長いほど増えて行くケースとなり、価値を下げてしまう低品質なものも増えるリスクが増えます。SEO対策に大きな影響を与えますし、順位上昇への影響を及ぼします。順位を上げるためには質が低いものを取り除き、それを評価の対象にしないことをSearchConsoleから行うことが基本となります。

関連記事
人気記事一覧