• ホーム
  • サイトのページ表示速度を上げるためには?

サイトのページ表示速度を上げるためには?

スピードアップデートは、デスクトップのページ読み込み速度を軸にランキング要素に取り入れています。モバイルサイトへの読み込み速度は、以前はランキング要素に含まれていなかったこともあり、モバイルサイトのページの読み込み表示速度が遅くてもカウントされていませんでした。
デスクトップのページ読み込み表示速度自体が早ければ、検索順位にも影響が出ることがない状態です。ブラウザのキャッシュの活用をする方法がありますが、この上げ方は一度訪れたサーバーに対して使用されていた画像やデータを、パソコンのローカルに一時的に保存する機能となります。

同じサイトに訪れるとローカルで圧縮されていたデータが表示される仕組みで、非同期の読み込みの速度が速くなります。キャッシュの活用をスピードアップデートで駆使するには、Googleで圧縮のファイルを編集していきます。非同期の読み込みで制御して行くので設定ファイルでサイトの更新頻度に合わせていき、ブラウザのキャッシュの有効期間を丁寧に設定します。読み込み速度の上げ方の設定自体は簡単に行えるので、ページスピードの向上をするために試してみてはいかがでしょうか。

Googleではクライアントからウェブサーバーに対してリクエストを行い、クライアントから要求されたことに応答します。送受信する画像などのデータを小さくすることで、サイトスピードの向上につながっています。サイト自身のページ速度を把握することで、改善箇所があれば対策をとっていきます。ページ表示速度を上げる方法として簡単なのは、画像を圧縮する方法です。
ツールを活用しながら圧縮する必要のある画像を調べ、画像の圧縮を行う際は専用サイトを利用すると簡単にできます。GoogleChromeの拡張機能もあるので、ツールの特長を活かした方法で圧縮することが可能です。

サイトのスピード以外でもパフォーマンスやアクセシビリティなどに対応していて、確認もできるので品質向上にも役立つ改善案も表示されています。拡張機能やコマンドラインを利用しながらツールで行え、サイトを運営している場合品質チェックをしたい時に最も活用できます。

検索アルゴリズムの変更で、検索順位にはどのくらい影響が出ているのかが基本の確認事項となります。スピードアップデートの影響を受けるサイトとは、かなり遅いサイトだけということになり表示速度の遅さが影響しています。遅い場合はサイトに訪れた読者が離脱しやすくなります。

関連記事