お知らせ
パソコンを見ている女性

検索エンジンのアルゴリズムは検索結果の並べ替えを行なっており、計算方法になります、検索結果に順位をつける方法という位置付けで、検索エンジンの仕組みにも深く関わっています。Googleが掲げる10の事実として、検索結果は検索語の数と被リンク・信頼できるとされるリンクの数をかけたものとなります。
この要素をSEOの対策として扱いながらランク付けを行なっていきますが、Googleの理念から見て200種類以上もある要素を含んでいるアルゴリズムを使う必要があります。

クエリ依存型非要素クエリ依存型要素は、Googleの理念やアルゴリズムにおいての順位変動要素の基準になります。検索エンジンの仕組みでクエリ依存型要素は、検索キーワードを送信した時に実行されている検索結果です。検索エンジンはユーザーが探そうとしているものが、何かを知らないので計算しておくことができないという要素になります。
Googleで検索エンジンの仕組みを知るには検索キーワードの送信をする前に、サイトやページが持っている情報で行われます。Googleが掲げる10の事実のクエリ非依存型要素は、検索エンジンでキーワードの送信をする前にサイトやページが持っている情報によって実行される方法です。サイトやページに集まっているリンクを基にして、人気があるコンテンツかどうかを判別していくシステムです。

SEO対策でクローラビリティーの方法でアルゴリズムが行われますが、Googleではこれらが頻繁に更新され続けているので常に同じ条件というわけではありません。ユーザーファーストという観念がありますが、更新があるたびに検索結果に表示されるコンテンツが、順位変動を起こしていることも事実です。
検索順位を決定させる時の大きな要素は、クローラビリティーによってコンテンツの表示スピードが速いことや、サイトの更新される度合いやコンテンツ情報の内容の濃密度やオリジナリティが大切になります。アップデートがされる際は被リンクの数や質が重視されますし、検索順位に大きな影響があります。ユーザーファーストと呼ばれるもので、Googleに毎日蓄積されているコンテンツのページがありアップデートもされます。
検索順位を決定させる基準の変化は生じないのですが、データが常に更新されることで評価が変わります。これにより著作者が関わる信頼度や重要度などを評価する、検索エンジンのアルゴリズムが行われるようになります。

記事一覧

構造化マークアップはリッチスニペットを表示させるために行うことで、Googleの検索エンジンのガイド...

共起語はSEO対策の時によく使われる単語ですが、キーワードと関連していてよく使われるキーワードのこと...

Googleのペナルティーでは手動ペナルティーと自動ペナルティーがあり、手動で行われる場合はSear...

インターネットのアイコンとカーソル

リンクの否認はサイトについている低品質とされるリンクを取り除いて行く作業のことで、Googleが提供...

色々なSNSのロゴ

コンテンツマーケティングとしてはてなブックマークサービスが最近は存在していますが、SEO対策でのコン...

パソコンを使用する女性

SERPmetricsやGrowth Seedで海外順位などの検索結果を毎日確認することになりますが...

パソコンの画面

Googleでは過去に様々なアップデートを行ってきましたが、歴史的に見てモバイルフレンドリーアップデ...